自動車事故で搭乗者が受けた傷害を補償する人身傷害補償保険

紅葉と川自動車の運転に際しては、事故のリスクはつきものです。
そのために、任意保険に加入するのが半ば常識となっています。
そして、運転者と一緒にその車に乗っていた人が自動車事故で死傷した場合のことも考えておかなければなりません。
他人への損害賠償の補償ももちろんですが、運転者自身や同乗者の不測の事態に対する補償も必要です。
この場合の損害やケガを補償する保険として、「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」があります。
前者は、実際にかかった治療費や休業損害などの損害額を約款に定められた基準に従って保険金額を限度に支払われます。
契約している車の搭乗者全員だけでなく、記名被保険者とその家族に関しては、契約車両以外であっても、車の事故や歩行中の事故に際しても補償されるのです。
ですから、仮に過失相殺で相手側の過失分の対人保険での金額しか出てこなくても、その差額はすべて補償されます。
また、もし相手の車が任意保険に加入していない無保険者の場合は、自賠責の範囲内でしか補償してもらえない可能性がありますが、そんなときでも、全額を補償してくれます。
それに対し、後者は、ケガの状態に応じてあらかじめ定められた一定額が支払われる保険です。
対象となるのは、契約している車に乗っていた人だけに限られます。
毎月支払う保険料が高さを気にしなければ、前者のほうが有利なのは明白です。