相手に支払い能力がない場合の補償


交通事故を起こした加害者が無保険で賠償金を支払い能力がない場合はどうしたらいいのでしょうか。保険に入っていないため、事故の被害の割合が10:0だと被害者側の保険会社は交渉してくれない場合があり、交渉相手は加害者本人です。最悪な場合、賠償金払ったという電話を最後に行方知らずになってしまい、被害者側が泣き寝入りしてしまうこともあります。それでは被害者が救われません。では、加害者に賠償能力ない場合の補償はどうなるのかというと、被害者側の自動車保険に無保険車傷害補償です。無保険車傷害補償は対人賠償保険に特約料として保険料の上乗せした金額を払わなくても自動的に上乗せされる仕組みで、保険料がそのままで補償がつくということになります。支払い限度額は対人賠償と同額です。無制限の場合は2億円の補償がされます。ただし、支払い条件として、死亡、または後遺障害が生じる損害の事態にだけ限定され、後遺障害が残らない怪我だと適応されず、保険金が支払われません。こういう場合は人身傷害特約を付けることで補償されます。この無保険車傷害補償は、ひき逃げ事故とか無保険車両との事故にはとても効果的です。自動車保険の補償には補償される条件が異なるのでよく内容を確認しておくことが重要になります。

コメントは受け付けていません。