故意や重大な過失による事故で生じた障害や死亡の扱い


車は私たちの生活には欠かすことができない道具となっています。しかしながら車の使用に関して十分に注意していないなら人に怪我を負わせたり、人の命を奪ったり、他人の大切なもの壊してしまうことになります。もしそのような状況になってしまったなら多くの罰則を受けることになります。それは刑事上の責任として、懲役や禁固や罰金が科せられます。また行政上の責任として免許の取消や停止といった罰が与えられます。また民事上の責任があります。それは相手に与えてしまった痛手を金銭で量りその償いをそれに対応する金額の支払いによって賠償しなければならないという責任です。この賠償金額は些細なものから大きな金額に至るものまで様々です。ですから、車を使用するなら自動車の任意保険に加入していることは大切なことです。
もし仮に故意にあるいは重大な過失によって事故をおこし、それによって様々な障害を起こしたり、相手を死亡させてしまったなら、その時には人身傷害補償保険では決して補償されないということをしっかりと覚えておく必要があります。保険に加入していたなら、どんな事故をおこしても問題はないという考えは間違っています。保険では補償されないケースについても知っておき、いつも安全を心がけることが車の運転には重要です。

コメントは受け付けていません。