単独事故の場合


自動車を所有していると、強制加入の自賠責保険のほかに、任意加入の自動車保険があります。
 任意加入の自動車保険は、車種、運転者の年齢、走行距離などの様々の条件で保険料が異なるほか、補償の内容を細かく調整することで保険料の負担金額が変わります。

 自分で運転していてガードレールなどにぶつかってしまった場合のほか、交通事故でも当て逃げ東で相手が特定できない場合も、補償の請求のうえでは単独事故として取り扱います。
 この場合の修理をカバーする保険を車両保険といいますが、一般的に単独での事故はいわゆる”交通事故”よりも発生確率が高いため、車両保険を付けると保険料は高くなります。
 
 一方、事故の相手がいる、いわゆる”交通事故”の場合にだけ備える補償内容だと保険料は抑えることができますが、自分で車庫入れに失敗した場合や、当て逃げで使えないのは心配です。
 保険料の金額と保証の内容のバランスを取りたい場合、車両保険に免責金額を設定する方法もあります。
 面積とは、保険を使う際に、あらかじめ決めた免責金額だけは自己負担し、残りを保険で払ってもらう方法で、保険料を抑えることができます。自損や当て逃げで、修理代が高い時にだけ使うつもりで、車両保険に免責金額を設定すれば安心です。

コメントは受け付けていません。