自分の過失分も含めて補償


自動車を持っていると、自賠責保険は加入義務があり、強制保険とも言われます。
 自賠責は、主に交通事故の被害者の救済を目的としており、かつ法令で求められる最低限度の補償なので、それをもって十分とは言えません。

 そのため、交通事故が起きてしまったときの、自賠責でカバーしきれない相手の補償や、運転者自身の進退と自動車の備えには任意保険の加入が必要です。
 任意保険の補償は、三つの基本補償といわれています。
一つ目は賠償に対する補償=賠償責任保険、次に自分や家族など、同乗者の補償=傷害保険、そして車の補償を目的とする車両保険です。
 事故が起きてしまった場合、事故の原因に至る過失の割合に応じて、過失相殺が行われますが、三つの補償のうち、傷害保険については、人身傷害保険があれば、過失分の相殺を行わずに全額が補償されます。
 
 車両や賠償責任の補償に比べても、人身の被害は治療が長引くこともあったり、金額が予想しにくいうえ、時には思いもかけない高額になります。
 飲酒や酒気帯び・無免許での運転など、法令違反の場合は補償に対象になりませんが、運転操作などの過失の有無については関係なく補償されるので、ぜひ備えておきたい補償です。

コメントは受け付けていません。