自動車の所有者の承諾なく運転した場合の事故について


自動車保険には、相手への補償と自身への補償があります。そして自身への補償の中に「人身傷害補償保険」があります。
人身傷害補償保険は、契約車の搭乗者が運転中に事故に遭った場合、(自身または家族が)ほかの車に搭乗中に事故に遭った場合・歩行または自転車を運転中に、車との接触事故に遭った場合・犯罪の被害に遭った場合などに、過失割合にかかわらず損害基準に基づいて算出された額が補償される新しい保険です。
これまでの保険は、事故でケガや死亡したときでも、所有者(被害者)側に過失が認められた場合には、被害者側の過失部分を、加害者側が負担する損害賠償額から差し引かれて保険金が支払われていました。
しかし、この人身傷害補償保険に加入していれば、事故相手との示談交渉をする必要も無く、損害補償の全額を受け取ることができるのです。
ただし、人身傷害補償保険でも保険金が支払われない場合があります。それは被保険者による、「故意または重大な過失」、「無免許運転・酒気帯び運転・麻薬などの薬物使用中の運転」、「車の所有者の承諾無しに無断で運転した場合」、「戦争や暴動・内乱などの社会的闘争による損害」、「地震・津波などの自然災害」などによる障害には保険金は支払われません。

コメントは受け付けていません。