事故でケガや死亡した場合の損害額を補償してくれる


自動車保険のなかでも人身傷害補償保険と呼ばれるタイプのものは、主に保険を契約している本人や家族について、事故によりケガや死亡といった人身にかかわる損害が発生した際の補償を手厚く行う保険です。
この保険は、契約中の自動車に搭乗中の事故であれば、本人や家族以外にも、搭乗していた人全員が保険金支払いの対象となります。本人や家族については、他人の自動車に搭乗していた場合や、歩行中に他人の自動車と接触した場合までもが対象に含まれることから、他の保険にはない、その対象範囲の幅広さが特徴となっています。
この保険は、損害額の実費相当が目安となっていますので、ケガによる治療費や精神的損害、後遺障害がある場合の将来にわたっての介護料、死亡の場合の逸失利益なども、原則として契約の際の保険金額の範囲内であれば全額が保険金として支払われます。
この保険に類似のものとして搭乗者傷害保険というものがあり、主に契約中の自動車に搭乗中の人についての人身上の損害が対象となっているものですが、被害の程度にあわせた定額払い方式で、支払いまでに要する日数が比較的短期間であることから、この保険と組み合わせて契約するケースが多いようです。

コメントは受け付けていません。